投資初心者を守る会

売却益非課税のNISA!小松製作所も投資期待大!

株式に投資することで得られるメリットは、大きく分けて3つあります。持っていた株が値上がりした時に売りますと、買った時の値段との差額が利益となります。これが「売却益」です。次に、その会社が利益を上げますと株を持っている人に配当を払います。これは「配当金」です。さらに、企業によっては株主に自社の商品や優待券などを配布しています。これは「株主優待」です。株主になっていますと、こういった利益があります。この配当金や売却益は、そのまま全額無税なわけではなく、課税されます。現在は20パーセントです。2013年までは証券優遇税制によって10パーセントの軽減税制だったのですが、その制度はその年末で終了し2014年の1月からは20パーセントとなったのです。それと並行して誕生したのがNISAです。NISAの口座を使って株式投資をしますと、年間120万円までであれば5年間非課税になる制度です。これは正式には少額投資非課税制度という名前ですが、この額ですともし20パーセント課税されますとかなり大きいですから、利用すると得になります。この範囲内でも、有名な企業の多くがおさまりますので、投資できます。例えば小松製作所もその一つと言えます。なお小松製作所というのは正式な登記社名ですが、通常一般的にはコマツと呼ばれています。小松製作所は建設機械の国内トップ企業ですが、海外でも広く普及していまして世界2位です。国外は建設需要が一段落している状況ですが、会社では固定費を削ったり、高利益な部品を開発したりして対応しています。国内は、これからいろいろな大型工事やイベントが続きますから、今後は需要が増え、小松製作所の株価もさらに上昇していくと考えられます。